本文へスキップ

(株)融合技術開発センターは、パルスパワー技術開発と色々な分野への融合応用展開を支援します。

秋山秀典代表取締役社長

交流や直流に次ぐ第3の電力であるパルスパワー、その大きさは日本での瞬時最大消費電力に達する場合もあります。パルス幅が短いので、高繰り返しで動作させても、コンセントから電力供給が可能なほどエネルギーの消費は極小です。パルスパワー電源の利用範囲は広がっており、例としてアオコの処理や殺菌(水環境)、熟成のための非加熱調理器(健康福祉)、藻類からの油分離(エネルギー)、植物工場や魚養殖工場(農漁業)、排ガス処理や貴金属回収(資源循環)、皮膚がんの消滅や傷の回復(医療分野)等があり、さらに数多くの産業創生が可能です。

熊本大学発のベンチャー企業である()融合技術開発センターは、コンパクトで軽量かつ高繰り返し動作可能な高信頼パルスパワー電源の提供を行うと共に、第3の電力であるパルスパワーと色々な分野への融合応用展開によるイノベーションを起こし、日本の産業復活に繫げることを目標にしています。何なりとご相談ください。

news 新着情報

2017年4月1日
熊本大学パルスパワー科学研究所の前所長秋山秀典博士が、代表取締役社長に就任
2015年7月1日
探検バクモン「パルスパワー発射」放送のお知らせ。2015年8月5日(水)22時55分~23時20分、NHK全国放送、探検バクモン。爆笑問題が熊本大学パルスパワー科学研究所を探検します。ぜひご覧ください。
2014年8月18日
サイトをリニューアルしました。
2013年8月29日
アオコ除去実験の様子が熊本日日新聞、朝日新聞に掲載されました。
2010年5月10日
株式会社融合技術開発センターを設立しました。


株式会社 融合技術開発センター

TEL: 080-1714-9080 (平日9~17時)
Email: fusionfusiontech.jp
(を小文字にしてお送りください)